FC2ブログ
お猿ニュース
お猿のお猿によるお猿のためのニュースまとめサイトです。 お猿が気に入ったニュースor 2chを掲載しています。

半額ミスドすごい

ミスタードーナツにて、現在「半額セール」が実施されていますが、反響が予想以上にすごかったようです。

ツイッターで話題になっているこの写真。
どうやら、お店の前に貼られている張り紙だと思いますが、

「ただいま半額ドーナツの製造が、間に合わないため、一時閉店させていただきます。
15時より営業再開いたします。
ご迷惑をおかけいたします。
大変申し訳ございません。 店主。」

そりゃ・・・半額だったら、大量買いする人も当然出てくるでしょうねぇ。。

http://blog.livedoor.jp/newstimeschool/archives/18210766.html

感想:明日ミスド買いに行かねば!!
スポンサーサイト



ドイツ企業、強力「レーザー砲」開発に成功

ドイツ企業 強力レーザー砲開発に成功
MBDAのドイツの子会社が、出力40キロワットのレーザー砲の実験に成功した。同社のプレス・リリースによれば、このレーザー砲は、たった数秒で、迫撃砲弾や厚さ40ミリの鋼鉄板に穴をあける威力を持つ。

MBDAのスポークスマン、ピーター・ハイルマイヤー氏によれば、近い将来、こうしたレーザー兵器が戦闘で使用されるようになるだろう、との事だ。レーザー砲は、遠く離れた場所にある標的を攻撃できるし、又その精度の高さ
のおかげで、望ましくない損害を最小限に抑える事ができる。

ドイツ以外でも、同様のレーザー兵器の開発は続けられており、例えば、米国のボーイング社は英国の
BAE Systems社と共同で、昨年8月、海軍用のレーザー兵器の開発に着手した。それ以外にも、米国では、
艦船用レールガン (Railgun;物体を電磁誘導により加速して撃ち出す装置)の開発も行われている。
http://japanese.ruvr.ru/2012_09_14/doitsu-reezaahou-kaihatsu-seikou/

感想:とうとうレーザー兵器が・・・ガンダムまで@何年?

「家があるから引きこもりが続くんだ!」 ひきこもり(22)が自宅に放火

1 名前: ジャガーネコ(茸):2012/09/11(火) 20:36:04.14 ID:VCZvpHXC0
金沢・自宅放火:被告、起訴内容を認める??裁判員裁判初公判 /石川
自宅に放火し、全焼させたとして現住建造物等放火罪に問われた、金沢市泉本町1、無職、徳丸雄大被告(22)の裁判員裁判の初公判が10日、金沢地裁(手崎政人裁判長)であり、被告は起訴内容を認めた。一方、検察、弁護側ともに犯行時の被告が心神耗弱状態であったとした。

冒頭陳述で検察側は、「引きこもり生活をしていた被告が『自宅があるから引きこもりが続く』として
犯行に及び、動機に酌量の余地はない」と指摘。一方、弁護側は「自分の気持ちを制御できない
状態だった」などと訴えた。

起訴状によると、今年2月6日午前10時45分ごろ、自宅1階廊下に灯油をまき、さらに、ガスコンロ
で火をつけた新聞紙を置いて火をつけ、木造2階建て住宅約70平方メートルを全焼させたとされる。
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120911ddlk17040641000c.html

感想:次は刑務所に引きこもりかw

「これ死ぬだろ…」 海外のバラエティ番組が過激すぎると話題に

1 名前: バーマン(岡山県):2012/09/08(土) 23:51:35.37 ID:FS7l5/Kd0
★日本のとあるTV番組が恐ろし過ぎると話題になってました。 海外の反応。
日テレの密室謎解きバラエティ 、脱出ゲーム DEROのワンシーンを見た外国人の反応です。
穴の深さが凄過ぎないか? 落ちた彼女は大丈夫なのか? など色んな反応が面白かったので紹介します^^
http://www.youtube.com/watch?v=BMJ-9c_aAZw (以下省略)

29 名前: メインクーン(岩手県):2012/09/08(土) 23:58:13.50 ID:aMhs/kqA0
Wipeoutの方がヤバイだろ



感想:いや・・・しゃれにならん^^;

監視社会招く“危険”な協定「ACTA」

休眠国会の裏でトンデモ協定が採決されようとしている。野田首相問責決議で国会はストップと思いきや、民主党が重要法案の審議を進めかねないという。その1つが「偽造品の取引の防止に関する協定(ACTA)」だ。新党きづなの斎藤恭紀政調会長(43)は「日本が監視社会になってしまう」と危惧している。

 ACTAは2005年に日本がサミットで提唱した国際条約で、著作権や知的財産権を保護しようというもの。協定が批准され、効力を持つようになれば、協定の内容に沿った国内法を整備することになる。中国や東南アジアにまん延する海賊品問題を考えれば歓迎してもよさそうだが、実は問題点があるという。

 斎藤氏は「まず1つが非親告罪化です。これまで著作権違反については著作権者からの訴えが必要でしたが、著作権者の訴えでなくても罪になるようになります。もう1つが法定賠償。普通は実害があった部分について損害賠償を求められたのが、実害がなくても賠償を求められるようになります」と話す。

 このため、本来の趣旨とは違う運用が可能になりかねないという。

「例えば、脱原発運動をやっている人がサイトを立ち上げ、そのサイトに違法ダウンロードした音楽があったとします。体制側が反体制的なサイトを強制シャットダウンしようと思ったら、違法ダウンロードを理由にできるわけです。著作権保護にかこつけて、反体制的サイトを取り締まれてしまうのです」(斎藤氏)

 誰がアウト、セーフを決めるのかも曖昧だという。「訴えるのは著作権者本人でなくていいので、司法か、それとも政府かもしれない。体制側によるネット規制につながるリスクがあるのです」(同)

 欧州では250万人規模の反対デモが起き、欧州議会は批准を否決。日本ではすでに参議院で可決され、31日の衆院外務委員会でも承認された。衆議院本会議で可決されれば批准となる。

「批准を前提に日本では法律が整備されてきましたが、非親告罪化と法定賠償はまだ。外務省はやらないと言っているが、将来どうなるか分かったものじゃない。日本で監視社会がつくられる可能性があると恐れているのです」(同)

 民主党による非民主的な政治こそ監視の目が必要だ。

発信元:http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/35712/

感想:こえぇ~

プロフィール

お猿

Author:お猿
お猿です。

しがないパソコン屋さんです。

良かったらお猿の別サイトも覗いてくださいね^^

ウキ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム